H O M E
■猿葉山エリアについて
■フライト届出書登録
■届出書ユーザー編集
■届出書 更新履歴閲覧
■入山下山者リスト
■入山下山入力フォーム
■入山下山履歴編集
■携帯サイト案内
■よかとこ雲仙市
■千々石パラフェス
■お問い合わせ
画像をクリックすると拡大






よかとこ雲仙市
雲仙市は2005年10月11日、南高来郡 国見町、瑞穂町、吾妻町、愛野町、千々石町、小浜町、南串山町の7つの町が合併して誕生しました。
島原半島には雲仙市、島原市、南島原市の3市があります。とりわけ雲仙市は島原半島の出入口にあたり、交通や観光の拠点となっています。特に雲仙天草国立公園・雲仙温泉は九州の軽井沢として人気を誇っています。

千々石町は天正少年使節・千々石ミゲルの出身地です。町の高台には釜蓋城址展望台があります。橘神社は日本一大きい門松で話題となりました。また、たいまつをかざした勇壮な観桜火宴武者行列や白砂青松百選の地の海水浴場を有する町としても有名です。

南串山町は雲仙市の南に位置し、馬鈴薯やレスタの栽培や漁業が盛んな町です。橘湾に突き出た国崎半島自然公園には海水浴場やキャンプ場があり、磯釣りポイントとしても人気があります。
また浜木綿(ハマユウ)などの海浜植物や亜熱帯植物が群生しています。天気のいい日は雲仙グリーンロードの高台から見る美しい棚田が夕日に映え、雲仙岳・長崎半島・天草などを一望できる素晴らしい景観を楽しめます。

普賢岳を背景に湯煙を漂わせる温泉街は雲仙天草国立公園の中にあります。春はミヤマキリシマ、夏は避暑、秋は紅葉、冬は霧氷と四季それぞれの趣が楽しめます。雲仙地獄めぐり観光に大人気。まy雲仙のふもとには小浜温泉があり、夕日を見ながらの露天風呂は圧巻です。

サッカーで有名な町・国見町には自然いっぱいの百花台公園や熊本県長洲行きのフェリー乗り場・多比良港があります。みずほふれあいランドには千年の湯の他いろいろふれあい施設が集まっています。

愛野町は251号線と57号線が交差する島原半島の交通の要所。愛野駅から吾妻町への島原鉄道切符が「愛しの吾が妻」ということで人気を集めています。吾妻牧場の一角にはミニ万里の長城があり、観光百選の地として橘湾と有明海を一望できます。

Sarubayama Flight Area All Right Reserved since 2010